医療法人社団 豊仁会 三原医院 みはら眼科

  • みはら眼科
  •  みなみざおうクリニック
最先端の医療をご提供いたします

多焦点眼内レンズとは

通常の白内障手術で使用されているのは単焦点眼内レンズ

通常の白内障手術で使用されている眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」といい、「遠くなら遠く」、「近くなら近く」だけと1つの距離に焦点を合わせたレンズです。 白内障手術後は濁りがなくなるため、明るく、見やすくなりますが、ピントの合う範囲が遠方か近方のいずれかに限られているため、遠方か近方を見る時のどちらかは眼鏡が必要となります。 これに比べ「多焦点眼内レンズ」は、遠距離、中距離、近距離など複数にピントが合うように設計されており、今までの「単焦点眼内レンズ」に比べると、遠方と近方の両方にピントの合う距離が複数あるので眼鏡への依存を減らすことができます。 ※多焦点眼内レンズでの見え方に慣れるには、年齢や個人間の差はありますが、一般に数ヶ月程度かかるといわれています。

多焦点眼内レンズの見え方・単焦点眼内レンズの見え方

多焦点眼内レンズの見え方

遠距離、中距離、近距離など複数にピントを合わせることができます

単焦点眼内レンズの見え方

遠距離にピントを合わせると近くが見えにくくなります
 

多焦点眼内レンズと、単焦点眼内レンズの比較

多焦点眼内レンズ 単焦点眼内レンズ
長所
  • 眼鏡に頼らず、遠方と近方がとても鮮明に見える
  • 距離に応じてめがねが必要になる場合もあります
  • ピントを合わせた範囲は、とても鮮明に見ることができる
短所
  • 暗がりの手元が見えにくくなる場合があります
  • 夜間のライトがにじんで見えることがある
  • 裸眼では遠方か近方のいずれかが見えにくく眼鏡が必要になる
  • 眼鏡が最低1つ、場合により2つ必要になる
適した人
  • 見え方の質はやや劣っても構わないので、なるべく眼鏡に頼りたくない方
  • 仕事や趣味、スポーツで、遠くも近くも眼鏡なしで見たい方
  • 手術前に眼鏡を用いた経験のない方
  • 眼鏡をかけても構わないので、より鮮明な視力を求める方

選定療養について

患者様ご自身が選択して受ける、追加的な医療サービスで、その分の費用が全額自己負担となります。令和2年4月より、術後の眼鏡装用率の軽減を目的とした多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。

自由診療について

当院で扱う「選定療養」眼内レンズ

※乱視矯正レンズの場合は+30,000 円

各種眼内レンズの焦点が合う距離(裸眼でよく見える距離)

当院で扱う「自由診療」眼内レンズ

各種眼内レンズの焦点が合う距離(裸眼でよく見える距離)

白内障手術
白内障手術のながれ
笑気ガス麻酔