医療法人社団 豊仁会 三原医院 みはら眼科 / みなみざおうクリニック
home サイトマップ お問い合わせ
  • 文字サイズ

医療法人社団 豊仁会 三原医院

みはら眼科TEL
みはら眼科メールでのお問い合わせみはら眼科MAP
 みなみざおうクリニックTEL
 みなみざおうクリニックメールでのお問い合わせ みなみざおうクリニックMAP
みはら眼科 近視抑制治療

近眼抑制治療

お子様が近視でお悩みの方へ

日本では2人に1人が近視と言われています。先進国において近視は視力障害の主要な原因であり、近視は、主に小児期に進行します。また、高度な近視の場合は、視力喪失、黄斑変性症、網膜剥離、緑内障などの眼疾患に発展する可能性があります。

多焦点眼内レンズの治療とは

近視の進行を抑制するには

近視は眼球が楕円形に伸び(眼軸長が伸びる)ピントの位置がずれることで生じる軸性近視のケースが多く、一度眼軸が伸びてしまうと、もどることがありません。そのため、眼軸長の伸びを抑えることが近視の進行を抑制するためには重要です。

お子様が近視でお悩みの方へ

当院では小児期における近視の進行抑制を目的とした点眼治療を行っております。

アトロピン点眼液は近視の進行を抑制

マイオピン点眼薬が選ばれる理由

アトロピン配合点眼薬には眼軸の進展を抑制する効果があると言われ、近視の進行を遅らせることが統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されています。アトロピン1%を点眼を使用した近視治療は1960年から行われていますが、散瞳(瞳孔が拡がる状態)によるまぶしさ、眼の調整機能(ピントを合わせる機能)の低下による読み書きの困難、アレルギー症状など、不快感や副作用がありました。近年アジア諸国において、低濃度のアトロピン点眼は、近視の進行抑制効果が60%程度あると報告され、副作用もほぼないことが確認されました。このことから、当院では、低濃度アトロピン点眼液を使用した、小児期の近視の抑制治療を行っています。※ 本治療は近視の進行を抑制するものであり、近視が全く進行しないわけではありません。

治療の対象

多焦点眼内レンズの治療とは
  • 12歳以下のお子様

  • 中等度(-6.0D)以下の近視の方

  • 3ヶ月毎の通院が可能な方

  • その他適応と見なすもの

治療に使う点眼薬

  • 低濃度アトロピン点眼薬 ※0.01%アトロピン点眼薬5ml(製品名:マイオピン)

  • 点眼方法 両眼1日1回 寝る前(1ヶ月に1本使い切り)

寝ている間にレンズ装用し、視力を回復させる治療です

オルソケラトロジーは寝ている間にレンズ装用し、やさしくゆっくり角膜の形状を変化させて、視力を回復させる治療です。
夜間睡眠時レンズを使用し、昼間活動する時には、裸眼で(メガネや他のレンズを使わず)に自由に生活を送ります。
例えばスポーツなどの場合は、夜寝ているときはオルソケラトジーレンズを使用して、日中はレンズをはずし裸眼で思い切ってプレイをする事ができます。

寝ている間にレンズ装用し、視力を回復させる治療です

オルソケラトロジーは子供の近視進行を予防します

オルソケラトロジーによるオルソレンズは子供の近視の進行を抑制することはアメリカやアジアでは多数報告されています。日本では8歳から11歳の小学生に2年間の追跡研究をおこない、近視進行を抑える効果があることを報告されています。

なぜオルソケラトロジーは近視の進行を止めることができるのでしょうか?

普通のコンタクトレンズやめがねで近視を矯正した場合、真ん中の部分は網膜の上にピントがあっていても真ん中ではない周辺の網膜像は遠視気味にピントがズレておりこの周辺のピントのズレが眼軸(眼球の奥行き)を伸ばす方向にはたらきます。
その結果、近視の進行につながるといわれています。(眼軸が伸びるとその分近視が進みます)ところがオルソケラトロジーで矯正した場合はこの周辺網膜のピントのズレ(遠視のボケ像)が起こりにくいため眼軸を引き伸ばす刺激とならず、その結果近視の進行を抑制すると考えられています。

オルソケラトロジーに適した方は以下のような方です。

  • 軽度~中等度までの近視の方
  • レーシックなどの屈折矯正手術に抵抗のある方
  • 日中の裸眼生活を希望される方
    (特にスポーツが好きな方や、パソコン作業で眼の乾きが気になる方)。
  • ドライアイや軽いアレルギーの方
  • 点眼治療を行っている方

オルソケラトロジーに適してない方は以下のような方です。

  • 強度な近視の方
  • 重度なドライアイの方
  • 睡眠時間の短い方
  • レーシックなどの屈折矯正手術を受けたことのある方
  • 定期検査に通えない方
  • 常に乾燥した環境にいる方