医療法人社団 豊仁会 三原医院 みはら眼科 / みなみざおうクリニック
home サイトマップ お問い合わせ
  • 文字サイズ

医療法人社団 豊仁会 三原医院

みはら眼科TEL
みはら眼科メールでのお問い合わせみはら眼科MAP
 みなみざおうクリニックTEL
 みなみざおうクリニックメールでのお問い合わせ みなみざおうクリニックMAP
みはら眼科 最先端の医療をご提供いたします

iDesign® iLASIK®の特徴

iDesign® iLASIK® の特徴

一人ひとりに合わせた
オーダーメイド式レーシック

オーダーメイド式レーシック

アイレーシック®は、その安全性と見え方の質の高さが研究によって証明されており、今までレーシックを受けることが認められていなかったパイロットや宇宙飛行士も受けることができるレーシックです。
2006年12月に米国国防省が戦闘機のパイロットに、2007年9月に航空宇宙局(NASA)が宇宙飛行士に、2009年2月カナダが戦闘機のパイロットに承認しています。
アイデザイン®アイレーシック®は下の3 つのシステムを駆使したオーダーメイド式のレーシックです。
スタンダードタイプのレーシックであるイントラレーシックではStep2と3のみ行います。

STEP1
目を解析するiDesign アドバンスト ウェイブスキャン

レーシック手術方

瞳孔から網膜に光をあて跳ね返ってきた約1,257ヶ所もの測定ポイントを独自の技術で波面上に表し、低次収差(近視・遠視・乱視)と高次収差(微細な光のゆがみ)を精密に解析します。
検査中と手術中とでは姿勢や部屋の明暗の違いで瞳孔の中心や目の角度が変わってしまうので、手術前の測定結果が正しく手術中のレーザー照射に反映されるように虹彩紋理認識システムIR(Iris Registration)を備えています。

STEP2
角膜にフラップをつくる Intralase iFS

レーシック手術方

イントラレース フェムトセカンドレーザーは数千個のレーザーパルスを並列させて角膜内に切開面をつくりフラップを形成します。フラップの大きさや厚みなどがコンピューター制御によって自由に設定できるので非常に安全に理想的なフラップを作成することが可能です。レーザーのバージョンは最新機種である”iFS”で前機種より細かくレーザーパルスを照射できるようになり、切開面がさらにきれいでなめらかになりました。(※近赤外線1053nm)

STEP3
角膜を精密に切除する VISX STAR S4 IR エキシマレーザーシステム

レーシック手術方

エキシマレーザーは生体組織に熱変性(やけど)をほとんど起こさずに正確に切開や切除ができる特殊な高エネルギーのレーザーです。レーシックはこのレーザーで角膜の実質部分を削って角膜前面のカーブを変化させ、近視・遠視・乱視を矯正します。
アイデザイン®アイレーシック®はiDesign®で得られたデータを活用して、さらに高精度なレーザー照射を行うことができます。自動センタリング機能である3D アクティブトラックや虹彩紋理認識システムIR(Iris Registration)など、さまざまな最先端テクノロジーを駆使しています。(※紫外線193nm)

レーシックとは
他のLASIKの違い
手術の流れ・体験談