医療法人社団 豊仁会 三原医院 みはら眼科

  • みはら眼科
  •  みなみざおうクリニック
みはら眼科 近視矯正手術ICL

近視矯正手術ICL

近視矯正手術ICL

ICL(アイシーエル)は、ソフトコンタクトレンズのような柔らかいレンズ(ICL)を目の中に挿入して近視や乱視を矯正し、裸眼視力を回復させる新しい視力矯正手術です。レンズは折りたたんだ状態で、小さな角膜切開から眼内へ挿入することができます。傷口が小さいため、手術後早期から良好な裸眼視力を得ることが期待できます。目の中にレンズを置くため、ハードコンタクトレンズのように日常生活の中で外れてしまうこともなく、異物感もまったくありません。

ICLのレンズは

コラマー(Collamer)

「コラマー(Collamer)」と呼ぶHEMA(水酸化エチルメタクリト:hydroxyethylmethacrylate)とコラーゲンを含んだ親水性の柔らかい素材でできています。コラマーは生体適合性※が高く、目の中にいれても異物として認識されにくい、大変優れた素材です。さらに紫外線カット機能も含まれています。特別なメンテナンスをする必要もなく、目の中で長期間にわたって透明な状態を維持し、長くレンズとしての機能を果たします。 必要に応じて術後にレンズを交換することも可能です。
※生体に炎症反応などの有害反応を及ぼす可能性が低いこと。

手術方法

レンズの挿入には、インジェクターと呼ぶ挿入器を使用します。インジェクターがレンズを小さく折りたたんだ状態で眼内に射出するので、挿入のための切開創は約3㎜と大変小さく、目にかかる負担を少なくし、日帰り手術を可能にしています。

ICLの特徴

①負担が少ない矯正手術

  • ICLは小さな切開から挿入できます。
  • 角膜形状はほとんど変化せず、視力矯正を行うことができます。

②広い適応範囲

  • 近視の強い方も受けることが可能です。
  • 角膜が薄く、レーシックを受けることが出来ない方も受けることが可能です。

レーシックとの違い

レーシックは角膜にレーザーを照射し、角膜のカーブを調整することで近視を矯正します。しかし、レーシックで矯正できる近視の度数に限界があるため、近視の強い方や角膜の薄い方は手術が出来ない場合があります。また、削ってしまった角膜は元に戻すことができないというデメリットがあります。
またICLは、いったん挿入したレンズは取り出して元の状態に戻すことも可能です。これはレーシックのように角膜を削る視力矯正手術とは大きな違いです。

ICLに適した方

患者さんの年齢は18歳以上45歳で、6Dを超える強度近視眼で、眼の病気(緑内障・糖尿病網膜症・白内障など)がない方です。術前検査で詳しく適応を調べます。6D以下の近視の方が手術を受けられないということでは勿論ないのですが、その場合は、レーシックの方が良い適応となることがほとんどです。ただ、角膜が薄くレーシックが不適応となった場合は、6D以下の近視でもICLをお勧めします。

ICLに適さない方

虹彩と水晶体の間の狭いスペースにレンズを挿入しますので、角膜と水晶体の距離(前房深度)が浅い方は、緑内障などの危険性がありますので、適しません。また、格闘技やサッカーなど、頭部に強い衝撃を受けるスポーツをされておられる方は、衝撃でレンズがずれてしまい、再手術が必要になる可能性もありますので、エキシマレーザーを使用したLASEKを施行した方が良い場合があります。