医療法人社団 豊仁会 三原医院 みはら眼科 / みなみざおうクリニック
home サイトマップ お問い合わせ
  • 文字サイズ

医療法人社団 豊仁会 三原医院

みはら眼科TEL
みはら眼科メールでのお問い合わせみはら眼科MAP
 みなみざおうクリニックTEL
 みなみざおうクリニックメールでのお問い合わせ みなみざおうクリニックMAP
みはら眼科 最先端の医療をご提供いたします

緑内障手術

緑内障とは

現在失明の原因No.1の疾患

緑内障という疾患は、40歳以上の日本人の約20人に1人以上という高頻度で認められている疾患で、視神経障害の進行に伴い視野及び視力障害を生じる疾患です。

高齢化が進んできている我が国において、現在失明原因としてNo.1の疾患になっております。緑内障は、放置しておくと進行が遅い早いなどの個人差はあるものの、多くの場合知らず知らず進行してしまう場合が多く、かつ一旦傷んでしまった視神経は再生しないため、早期発見早期治療が大事になってきます。
特に、眼圧が高いと緑内障が進行しやすいのですが、日本人の緑内障の多くは、眼圧が正常の緑内障が多く、眼圧だけでなく視神経の所見も大事になり、進行しているかどうかの確認は、定期的に行われる視野検査で確認されることが一般的です。最近は、診断機器にも色々なものが使用できる様になり、かなりの早期での発見も可能となってきました。
治療としては、過去から現時点まで、唯一効果があると認められているのは、眼圧を下げるということです。
まずは、点眼などの薬物治療が、第一選択になります。 現在は、多種の点眼が開発されてきており、点眼治療だけでコントロールできることも多くなりました。
が、薬物治療の効果には個人差があり、点眼治療を行っても進行が認められる場合には、緑内障手術が必要になることがあります。

当院では、流出再建術及び濾過手術に対応しております。

流出再建術

流出路再建術としては、トラベクロトミー手術だけではなく、H26年より新たな低侵襲緑内障手術としてトラベクトーム手術を導入しており、可能な限り侵襲の少ない手術を心がけております。

濾過手術

濾過手術

濾過手術としては、強角膜ブロック切除を行わず、エクスプレスデバイスを用いたトラベクレクトミー手術及び通常の強角膜ブロック切除を行うトラベクレクトミー手術を行っており、患者様の眼圧や目標眼圧、緑内障進行度、ご年齢、ライフスタイルなども考慮し、最適な手術法を選択する様に心がけております。
また、患者様の年齢や白内障の状況により、選択する手術方法によっては、白内障手術を同時に行うことも可能です。

トラベクトーム(線維柱帯切開術)

解放隅角緑内障に対する手術の1つです。電気メスの先端の電極から発生するプラズマで電気焼灼することによって、線維柱帯の一部を切開・除去し、房水の流れをよくして眼圧を下げることができます。

特徴

  • トラベクレクトミーに比べ、トラベクトームの場合、眼圧下降効果は低い。
    (ロトミーとは同じくらい)よって、トラベクトーム術後さらに下降が必要な場合にはトラベクレクトミーを行う。)
  • 角膜切開からのアプローチなので結膜・強膜の温存可能。
    そのため、後からトラベクレクトミーがやりやすい。
    (侵襲性の度合いとしては、高い方からトラベクレクトミー、ロトミー、トラベクトームである)
  • 白内障と緑内障を同時に手術することが可能。
  • トラベクレクトミーやロトミーに比べて合併症が少ない。

手術内容

手術15〜20分
  • 点眼麻酔をします。
  • 耳側角膜を1.7mm切開します。
  • 粘弾性物質を注入します。
  • トラベクトームを挿入します。
  • 隅角鏡で確認しながら鼻側線維柱帯まで進めます。
  • フットプレートの先端をシュレム管に挿入し、吸引・電気焼灼をしてゆっくりと動かしながら線維柱帯を切除していきます。
    ※時計回り、及び反時計回りに各45~60°ほど切除し、全体で90~120°切除します。
    (白内障同時手術の場合はその後切開創を必要に応じて拡大し、超音波乳化吸引および眼内レンズ挿入を行います。)
  • その後眼内に残存している粘弾性物質、および逆流性出血を除去し、必要に応じて角膜をナイロン糸で縫合して手術終了となります。
    手術時間は約15~20分程度です。
トラベクトーム手術研究会「トラベクトームとは?」(外部リンク)