医療法人社団 豊仁会 三原医院 みはら眼科 / みなみざおうクリニック
home サイトマップ お問い合わせ
  • 文字サイズ

医療法人社団 豊仁会 三原医院

みはら眼科TEL
みはら眼科メールでのお問い合わせみはら眼科MAP
 みなみざおうクリニックTEL
 みなみざおうクリニックメールでのお問い合わせ みなみざおうクリニックMAP
みはら眼科 最先端の医療をご提供いたします

円錐角膜手術

円錐角膜とは

角膜が円錐状に突出する病気です。

円錐角膜

円錐角膜とは、角膜が薄くなり中心部が前方へ円錐状に突出する病気です。
一般的に10代前半に発病し、多くの場合両眼性です。
乱視が進行し、眼鏡やコンタクトレンズが合わないと訴えて来院することが多いです。
30~40歳ごろまで徐々に進行します。やがて眼鏡では矯正が難しくなってきます。

円錐角膜の原因

原因がはっきりしない疾患です。

現在の段階では、原因ははっきりしていないというのが実情です。
遺伝・アトピー・関節弛緩症・僧帽弁逸脱症・ダウン症候群・コンタクトレンズ装用などが原因とも考えられていますが、目をこすることで突出しやすくなるとも考えられています。
円錐角膜は、従来はハードコンタクトレンズで矯正し、コンタクトレンズが装用できなくなれば角膜移植手術をするしか治療法がありませんでした。そのため、円錐角膜で悩む方が多くおられました。

円錐角膜の治療方法

角膜内リングなどの先進的な治療です。

みはら眼科では将来起こりうる角膜移植を回避する目的で、角膜内リング(ICRS)などの先進的な治療を行っています。
これらの治療は円錐角膜の進行を予防するだけでなく、これまでハードコンタクトレンズ装用が困難であった方を装用可能にさせる効果が期待でき、軽症の方ではソフトコンタクトレンズや眼鏡での矯正が可能になります。 また角膜内リング(ICRS)後にICL(眼内コンタクトレンズ)を挿入することで視力の改善も期待できます。
みはら眼科では、円錐角膜の進行度合いを慎重に検査し、個々の患者さんに最適な術式を検討していきます。

円錐角膜手術の費用
自由診療(保険外治療)になります。

片 眼 両 眼
角膜内リング(ICRS) 300,000円 600,000円