医療法人社団 豊仁会 三原医院 みはら眼科 / みなみざおうクリニック
home サイトマップ お問い合わせ
  • 文字サイズ

医療法人社団 豊仁会 三原医院

みはら眼科TEL
みはら眼科メールでのお問い合わせみはら眼科MAP
 みなみざおうクリニックTEL
 みなみざおうクリニックメールでのお問い合わせ みなみざおうクリニックMAP
みはら眼科 最先端の医療をご提供いたします

白内障手術機器紹介

次世代白内障手術とは

ORA 術中波面収差解析装置

ORA™
術中波面収差解析装置

ORA™術中波面収差解析装置は、プランされた手術を術中リアルタイムに検証し、最適なIOL度数とトーリックスタイル、乱視軸を提案します。これは最適なIOL度数および固定位置をリアルタイ ムで選択でき、見え方に対する患者満足度をさらに高めることが期待できます。

VERION イメージガイドシステム

VERION™
イメージガイドシステム

VERION™イメージガイドシステムは、測定モジュール、ビジョンプランナー、デジタルマーカーで構成され、白内障手術に精度と再現性をもたらします。
特にトーリック眼内レンズの手術時に、精度の高い手術を行うことができます。


機械の特性

1 外来時、測定モジュールで角膜屈折力と軸の測定、眼表面の特徴を把握します。 患者様固有の眼の情報を高解像度のデジタル画像で記録し、手術中に認証させることで眼の動きをトラッキングすることができ、計画通りの手術を行うことができます。


2 眼内レンズ度数計算や、トーリック眼内レンズ・SIA・角膜弧状切開による乱視矯正をプランニングできます。


AMO社 カタリスレーザーシステム

AMO社
カタリスレーザーシステム

中国地方初の手術システム

当院は、2016年4月、AMO社のカタリスレーザーシステム(CatalysTM Precision LaserSystem)を中国地方で初導入しました。人間の手では不可能な次元での、精確で安全かつ低侵襲な 手術を、カタリスを使用した次世代の白内障手術で実現しました。

中国地方初の手術システム

カタリスレーザーシステムとは?

カタリスに搭載されているフェムトセカンドレーザーは波長1,053nmの近赤外線レーザーで、1,000兆分の1秒単位という非常に短い時間でレーザーが照射されます。このレーザーは熱を発せず組織への侵襲がありません。光ディスラプション(光切断)と呼ばれるプロセスにより精密に角膜や水晶体を分離します。数十ミクロンレベルでの正確な切開を実現する業界トップレベルの精度を誇ります。(※髪の毛1本の平均幅は85ミクロン)しかし、レーザーの精度が良くても眼球の構造を正確に把握できなければ、正しい場所にレーザーを照射することができません。カタリスのもう一つの特徴は眼球の構造を読み取る装置である三次元光干渉断層画像診断装置(3D-OCT)の情報量が非常に多いことです。水晶体中央部からスパイラル状に1万回以上スキャンすることで前眼部(角膜や虹彩など)や、水晶体の位置情報を取得し、立体構造を構築し、高性能ソフトウェアを使って個別の治療計画を作成します。 これにより意図する治療部位のみへの正確なレーザーパルス照射が可能となります。

次世代の白内障手術

3次元-OCT(画像解析)により、
得られた情報によって、ひとり一人の眼に合った精密な手術が可能に!

レーザーによる精確な切開

OCTによる精確な手術計画に基づき、フェムトセカンドレーザーを用いて、精確な前嚢切開と水晶体細分化、角膜切開を行います。

catalys_001

レーザーにより水晶体前嚢を「正円」に切開!

フェムトセカンドレーザーで切開を行うため、正確な「正円」に切開でき、より眼内レンズが安定し、より良い視力を出すことが可能となりました。


レーザーによる正確な水晶体分割で、吸引もよりスムーズに!

レーザーでまわりの組織を傷つけず、正確にカットするため、吸引もスムーズ。目への負担が軽減され、術後の早期良好な視力に貢献。

フェムトセカンドレーザー白内障手術が適した方は以下のような方です。

  • 多焦点眼内レンズ、乱視矯正レンズなどプレミアムレンズを挿入する方
  • 白内障の進行で水晶体が固くなってしまった方
  • 角膜内皮細胞が少なく手術が難しいと言われた方
  • 眼の組織(チン氏帯)が弱い方

フェムトセカンドレーザー白内障手術が適していない方は以下のような方です。

  • 瞼を大きく開けられない方
  • 散瞳時瞳孔が大きく広がらない方
  • 角膜混濁がある方
院長からメッセージ
院長写真

みはら眼科は、福山~倉敷地区で最初に多焦点眼内レンズを使用する高度先進医療認定医療機関として登録されました。病院理念であります、質の高い眼科医療を患者様へ提供することに、常に取り組んでおります。

今回、中国地方で初めて導入することになりました手術機械により、最新鋭の白内障手術が提供できるようになりました。これからも、みはら眼科は地域医療に貢献すべく研鑽してまいります。是非、次世代の白内障手術を体験してください。

みはら眼科 院長 三原 研一

白内障手術
白内障手術のながれ