医療法人社団 豊仁会 三原医院 みはら眼科 / みなみざおうクリニック
home サイトマップ お問い合わせ
  • 文字サイズ

医療法人社団 豊仁会 三原医院

みはら眼科TEL
みはら眼科メールでのお問い合わせみはら眼科MAP
 みなみざおうクリニックTEL
 みなみざおうクリニックメールでのお問い合わせ みなみざおうクリニックMAP
みはら眼科 最先端の医療をご提供いたします

新しく先生方を迎えました

2018/04/01 更新  
この度4月から、有近重太先生、松浦祐介先生が、当院の新たな仲間に加わってくれました。 早速ですが、歓迎会を行い、色々な話で盛り上がりました。 お二人とも、勉強熱心で大変やる気に満ちた先生方です。 今後のみはら眼科での診療に一緒に取り組んで頂けることと思います。   皆さま、引き続き今後とも宜しくお願いします。  

福澤先生送別会

2018/03/31 更新  
この度、福澤裕一先生が、栃木県で開業されるご予定で退職されました。 福澤先生は、東京大学眼科学教室のご出身で、共通の知り合いの先生のご縁もあり、栗原眼科病院勤務時代からの旧知の仲でした。その当時、当院にも見学に来られていた縁もあり、井上眼科病院勤務時代から当院の診療や手術に大変 ご尽力頂きました。 大変温厚な先生もあり、私としては非常に寂しくなりますが、福澤先生の新たな門出を当院の同僚の先生方とお祝いさせて頂きました。 福澤先生の今後のご健勝と更なるご活躍をお祈り致します。

感謝~来年に向けて

2017/12/31 更新  
今年は、かねてからの念願の「みなみざおうクリニック」も1月にオープンし、予想以上にバタバタした一年でした。 なかなか思う様にはならず、私自身も本当に色々悩みぬいた一年でした・・・きっと患者様にも多くのご迷惑をおかけした事とスタッフ一同反省して おります。 また、私事ですが、、、12月には交差点での交通事故にも遭遇し、満足に診察すら出来ない日々を長い眼科医生活の中でも初めて体験致しました。 患者様にさらに多大なご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。おかげ様で徐々に体調も改善し、年明けからはバリバリ仕事できることと考えてお ります。 逆に、自分が患者となってみて、患者の立場から色々な事も経験する事ができた事は、ある意味良かったのかも知れません、、、 そんなやや沈んでいた年末に、大変うれしい事がありました。 まだ若かりし?頃(川崎医大付属川崎病院に赴任していた時)に、網膜剥離手術をさせて頂いていた患者様が反対の眼の白内障手術を、ぜひとも私に 行って欲しい!!!と、、、わざわざ岡山から来院頂きました。本当に約19年ぶりの再会でしたが、私が川崎病院での治療に用いた説明書なども大事 に残して頂いており驚きました。本当に、本当に、、、心洗われた、温かい瞬間でした。きっと神様が、こんな私に、「まだまだ頑張れよ!」とエー ルを送ってくれているのではないかとも思えました。 開設以来のみはら眼科のモットーでもある「患者本位で高度で温かい眼科医療を地域に」、、、もしかしたら最近、忙しさにかまけてやや置き去りに なることもあったのでは?と反省させて頂きました。 この患者様の手術も来年になりますが、、、この患者様に限らず当院を頼って頂いた全ての患者様に、スタッフ一同誠心誠意取り組ませて頂く事を、 お約束致します。 来年もどうぞ、みはら眼科及びみなみざおうクリニックのこと、宜しくお願い致します。 最後に、患者様からもご快諾頂きましたので、「大事な記念写真」も載せさせて頂きます。

更なる精確な白内障手術を目指して

2017/12/26 更新  
みはら眼科では、早くから多焦点眼内レンズ手術に取り組んできました。 その過程において、手術方法も昨年からフェムトセカンドレーザーを用いた先進的な手術方法も導入しておりました。 ただ、挿入する眼内レンズ度数は、色々な術前検査にて決定させて頂くのですが、人間の眼には個人差も強く、現在のある程度確立した眼内レンズ計 算を用いてすら、中には設定したレンズ度数での術後予測と合致しないケースも、稀ではありますが存在することがあるのが、現在までの一般的な眼 科手術水準でした。 この度当院では、更なる精確な白内障手術~術後視機能の向上を目指して、術中収差測定を行うシステム(ORA)を中国地方で初導入致しました。 これによって、挿入する眼内レンズ度数の精確性の向上が見込まれ、白内障手術を希望される患者様により良い術後視機能を提供できることを期待し ております。

患者さんとの出会い

2017/10/01 更新  
今日、広島で開催された第28回日本緑内障学会からの帰りに、福山駅からタクシーを利用しました。 すると、運転手さんから「三原先生ですか?」と言われ、びっくり!!! なんと、最近、みなみざおうクリニックの方で手術をさせて頂いた患者さんでした。 お聞きすると、この患者さんのタクシーに乗せてもらったのは、実は今回が2回目だそうで、しっかり自宅 の場所も覚えて頂いていて何も言わなくてもスムーズな運転で自宅まで送って頂けました。 すでにタクシー運転歴が50年以上という大ベテラン運転手さんですが、手術後良く見える様になられてこう して活躍を続けられている様子を直に拝見でき、大変嬉しく思いました。 医師(術者)として、患者さんの喜んでおられるお顔を拝見させて頂く時が、一番嬉しい時ですね~

瀬戸内硝子体クラブ

2017/09/23 更新  
すっかり秋めいてきましたね 当分の間、コラムをさぼってしまいましたので、久しぶりの投稿です。 9月23日(土)に鳥取県の米子で、「第39回瀬戸内硝子体クラブ」が開催されました。 この会は、15?年以上前から硝子体手術を専門とする中四国の眼科医が集まってざっくばらんにディスカッ ションが出来る会として2回程度/年開催されております。私も、開業前から硝子体手術を専門にしていた 関係で、以前からよく参加しておりました。 また、ただ参加するだけではなく、なるべく日頃の手術などで疑問に思った事などをテーマに発表をして、 知り合いの硝子体術者の先生方とディスカッションをさせて頂くことを楽しみにさせて頂いております。 今回も、米子(なぜか皆生温泉、、、)での開催に参加させて頂き、発表してきました。 内容は、昨年度から本院に導入したフェムトセカンドレーザー白内障手術装置(カタリス)を難症例の白内 障手術(硝子体手術)に用いたというものです。 今回も他の先生方との話を通じて、今後の手術や治療に対して、色々な有益な情報も得ることができまし た。 今後も、気心がしれた優秀な先生方との交流を通じて得た知見を、実際の診療の現場に生かしていきたいと 思っております。

医療安全委員会(2017.05)

2017/05/26 更新  
みはら眼科(本院・みなみざおうクリニック)では、月1回、第4週木曜日の外来終了後に「医療安全委員会」を開催しております。 毎回、進行役として、わざわざ顧問弁護士に来院頂いております。実は、この弁護士の先生は、医師免許も持っておられ弁護士になられる前は眼科医であったという変わった?キャリアをお持ちの方です。そのため、眼科の臨床現場の現状にもお詳しく、毎回色々とスタッフ一同勉強させて頂いております。 忙しい日常業務の中で、注意をしていても残念ながら色々な問題も起こってしまうのも事実です。それらの小さな問題をないがしろにせず大きな問題に発展しない様に、今後ともスタッフ一同意識を共有して取り組んでいきたいと思います。

今日は暑かったですね~

2017/05/21 更新  
今日は、非常に暑い日でしたね~ けど、私は、東京品川であった「第16回硝子体手術ビデオセミナー」に参加してきました。これは、硝子体術者向けのセミナーで、全国から200名?あまりの術者が参加しておりました。私も、常日頃から硝子体手術に携わっておりますが、最新の知見も加えながら自分なりに改良を加える様に日々心がけております。 スケジュールにもある様に、朝8:30~16:00までびっちりと室内に缶詰状態でした。確かに、暑さとは無縁でしたが、さすがに疲れましたね~ これから新幹線で帰ります。帰福したらもう深夜ですが、明日からも診療及び手術頑張ります!

手術顕微鏡システムの進化

2017/05/13 更新  
医療の現場でも、検査機器や手術機器の進歩は止まりません。 眼科手術も、今までは手術顕微鏡を術者の目で見ながらの手術が一般的でしたが、、、 最近になって、手術顕微鏡から得られた画像をコンピューター上で画像処理し、3Dモニター上で確認しながら眼科手術を行うシステム(Visually assisted Vitreoretinal Surgery)の概念も出てきました。 まだまだ、一般的ではありませんが、このシステムが進歩すれば、顕微鏡光等による網膜障害などを抑制し、さらに目(網膜)に優しい手術も可能になる可能性があります。実は、私自身も少ないながら過去に使用経験がありました。 今日は、大阪で、このシステムについての会合があり参加してきました。参加者は数名だけの内々の会合ではありましたが、既に旧知の先生もおられ、率直な意見交換が出来ました。 今後このシステムが、我々医療者のみならず患者様にも大いに恩恵を与えてくれるシステムに発展していく事を期待しております。

5月から「みなみざおうクリニック」の手術日が増えます

2017/04/27 更新  
今日は、木曜日の午後なので、本来は「みなみざおうクリニック」で手術を行っているはずなんですが、GW休暇前にて手術はお休みを頂いております。「みなみざおうクリニック」では半日で約15例前後の白内障や緑内障及び硝子体手術を行わせて頂いておりましたが、、、半日/週の手術日だけでは色々と患者様にもご迷惑をお掛けすることも多かったのが実情でした。という事で、優秀?なスタッフ達の協力の元、5月から月曜午後及び木曜午後に手術日を設けることが出来る様になりました。これからも患者様が「見える」から「笑顔」になれる様、スタッフ一同頑張りますので宜しくお願い致します!